昔のブログ

煩悩と健康

仏教と密教

貪り、怒り、無知を三毒と云います。
諸悪・苦しみの根源、心の静けさを乱すもの。
このなかで、無知が根本で、そこから貪りと怒りも生まれます。
無知は、
自我などの無いものを有ると思うこと、
または、
事実と事実でないことを区別できないこと。

貪りは施しで、
怒りは忍辱で、
無知は智慧の体験で消えます。

または、
三毒を越えたところ、「あらゆるものは生じないという在りかた」を
体験すれば、三毒はあっても無くてもどうでもいい。

身体的に考えると、
三毒は健康な人にはありません。
不調やストレスがある人に生じます。

もっと、もっとという貪りも、
煮えくり返るような怒りも、
どうしようかという怖れも、
冷水を浴びると消えます。

冷たい水を浴びると、血液がアルカリに傾き、
(『陰陽と酸・アルカリ』)
その時に精神活動を刺激し、欲望が制御される。

いずれにしても、
貪り怒り無知などは、身体、脳の問題です。
脳内にどのような血液が流れているか
つまり、健康かどうかによって、
心は変わります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました