昔のブログ

心の窓を開ける

仏教と密教

昔々、南天(南インド)の鉄塔に、秘密の法門(教え)が蔵されていました。
龍猛(りゅうみょう)菩薩は、その教えを受けたくて鉄塔へ行きますが、中に入れません。
でも、心を至して懺悔をしたら、塔が開いて中に入ることができました。
そして、金剛薩埵から『金剛頂経』や『大日経』を伝授されたという話が、
『金剛頂経義訣』にあります。

この鉄塔、実在したという立場と、
龍猛さんの内心にあるもの、
という考えかたがあります。

覚鑁さんの『鉄塔事』には、
「鉄塔とは我が此の肉身を指すなり。
 然る故はこの身すなはち万法含持の故に、
 一切の功徳をそなえて欠けるところなし」
とあります。

甚深秘密の教えは我が身中の塔にあり、
懺悔すれば、その扉が開いて、教えが現れる、
と考えても良いでしょう。

また、
塔に金銀銅鉄の四種があり、四種法身に配す
とあります。
四種法身は、四種の瞑想上の仏(真如)
金塔は、ありのままの仏、大日如来のこと。
銀塔は、楽しむための仏、阿弥陀さんとか、阿閦とか薬師とか。
銅塔は、お釈迦さんのように、この世に実際に現れた仏。
鉄塔は、すべての存在に伴っている仏、あなたとか僕とか。

いずれにしても、
懺悔反省して、心の窓を開ければ、
仏の説法が風のように入ってくる、
全ては法身(真如)だから、
と考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました