昔のブログ

白い京都にひとり

乗り物

京都といえば、渚 ゆう子かチェリッシュですが、
親類友人宅以外に、初めてひとりで泊まったのが、
かつて京都駅北側にあった京都ステーションホテル。
今のセンチュリーホテルかな。

お年玉とおこづかいを貯めて、
一か月前に、住んでいた隣町の交通公社支店窓口で予約。

当日、フロントで、
「交通公社で予約した●●です」
と大声で言ったら、
「はい、おまちしておりました」
とにこやかに言われたのを覚えています。

その日から三日間、
ずっと京都市電に乗りました。翌年廃止のころだったので、
京都外周と京都駅までの路線のみでした。

九条通り
京阪と平面交叉
東山あたり

15歳の春

タイトルとURLをコピーしました