昔のブログ

ココナッツを考える

陰陽望診法

写真はカリン

ココナッツは、
比較的暖かい地域で育つ、
果実の殻は厚い、
種子は大きい、
などから、陰性な性質が強いことが分かります。
また、
生食できる、というもの陰性の特徴。

成分を見ると、

NaKCaP脂質
ココナッツパウダー108201514065.8
ココナッツミルク1223054916
文科省食品成分データベースから 可食部100g中のmg(脂質のみg)

カリウムが非常に多いから陰性であり、
リンがカルシウムの9倍程度なので、所謂酸性食品。
ですからエネルギーになりやすい。
食養では、このように考えます。
そして、
少量の陽性と、アルカリの強いものを合わせれば、
味も良く、滋養になると考えられます。

例えば、
ココナッツオイルをごま油と比べる場合、
その大きさ、堅さ、色、産地で、陰陽の違いを判断できます。
そうすれば、
どんな料理に合うか、体調に合うか、が分かります。

タイトルとURLをコピーしました