昔のブログ

正覚の地平線

仏教と密教

仏教の基本である三法印を、
三井英光先生は『曼荼羅の講話』のなかで、
真実相を照見する三法印、と書いています。

諸行無常(すべてはうつりゆく)
諸法無我(どこにも自己はない)
涅槃寂静(悟りの世界は平安である)

どんなものも固定的でなく、動いて変化しています。
生まれては死ぬ、生じては滅するを繰り返している。
どんなものも思いも、
何かと関係していて、独立したものは無い。
そういうことを体験すれば、
心は寂静。

変化するのだから、こだわり執着は心の無駄遣いかもしれない、
古い蔵が壊れ潰れたら、
そこには部品道具材料の瓦礫があるだで、蔵はどこにもない。
そのように、自分というものも無いと知れば、慈悲に溢れるかもしれない。
無常、無我は事実です。
そして寂静は体験。

右左、前後、上下などと同じように、
現実には始めと終わりがあります。
その間、常に変化しています。
初めの印象が大きければ、終わりの印象も大きくなるでしょう。
これらは頭で理解できます。

それに執着している自分を吹き消して、
静かでまとまった心になる、
というのが仏教体験であり、
全ての苦しみ悩み迷いを解決する方法です。

朝の行法・三法印

コメント

タイトルとURLをコピーしました