昔のブログ

陰陽望診法のコツ・みっつの胚葉を考える

陰陽望診法

細長い、数が多い、という陰性な特徴の精子と、
丸い、ひとつが多い、という陽性な特徴の卵子、
この陰陽バランスで受精卵ができます。
ですから、男女どちらが生まれるかも、陰陽で判断できます。

そして、
外胚葉は主に神経管を形成します。
位置が陰性であり、神経という陰性な器官を作ります。
内胚葉は消化器系、
陽性な場所だから陰性な力があり、
陰性なので上昇します。
中胚葉は、外胚葉と内胚葉の間に形成され、
血液を流す循環器系を作ります。

関連を整理すると、

外胚葉は神経系で、
手相では頭脳線、小指と薬指、頭部では前頭部、知性。

内胚葉は消化器系で、
生命線、親指と人差し指、後頭部、意志力。

中胚葉は循環器系で、
感情線、中指、頭頂部、情緒。

手相を観ればわかるように、
生命線と頭脳線は上から下へ、つまり陽性な方向へカーブし、
感情線は下から上へ、陰性な方向へカーブ、つまり、陽性な力があります。

このカーブの様子によって、陰陽の強弱を判断します。

手相も人相も、宇宙のすべてはカーブしてます。
陰陽(遠心力と求心力)のバランスで存在しているからです。
そのカーブを観るのが望診法のコツです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました