昔のブログ

私と仏を隔てるもの

仏教と密教

胸中に明瞭な満月を観想する、
これが密教の基本です。
どんな作法でも、みな満月。
所作によって、満月の上に梵字や仏具や仏像を観想し、
その意味を捉えますが、基礎は満月。

なぜ満月かと言えば、
「一切有情はいずれも完全な仏の心(菩提心)を蔵しており、
 その本具の当体を観察すると、
 その形まったく月輪の如くなるが故である。
 ・・・
 満月の円明なる当体が、
 菩提心のそれに類似しているからである」(『菩提心論』)

悟り、本性清浄心である満月を観想すると、
バッテリーに充電するように、仏が入ります。

その時はまだ、
自分と仏を隔てる微細な迷いがあります。
これでよいのだろうか、という迷いや、
これで良いのだ、という迷い。

拝んでいると、少しづつ、
自分と仏、
自分と自分以外、
月と月以外、
その迷い(差別と執着)がなくなります。

「以後に月輪を法界に周遍せしめて、
 にわかに須らく身と月輪とを忘れて、
 専ら無分別智に住すべし」(『秘蔵記』)

「初観の時には月に似たれども、
 周遍の後には更に方円なし」(『無相観頌』)

タイトルとURLをコピーしました