昔のブログ

新年はお加持から

仏教と密教

加持はサンスクリット語adhiṣṭhānaの訳、
元々の意味は、
上に立つ、支えとなる。

お大師さんは『即身義』のなかで、
「加持とは、如来の大悲と衆生の信心とを表わす。
 仏日の影、衆生の心水に現ずるを加と曰い、
 行者の心水、よく仏日を感ずるを持と名づく。
 行者、もし能くこの理趣を観念すれば、
 三密相応するが故に、
 現身に速疾に本有の三身を顕現し証得す」
とあり、
仏と我々との行い、言葉、想いのみっつが、
不思議な働きによって応じあうことが、
三密加持、つまり成仏の方法です。

ですから、
「もし真言行人有って、この義を観察して、
 手に印契を作し、口に真言を誦し、
 心、三摩地に住すれば、
 三密相応して加持するが故に、
 早く大悉地を得」

仏と相応するということは、
仏の心になり、仏の身体になること。
なので、
加持によって、
人間関係、経済問題、健康問題なども解決されるでしょう。

令和3 2021年元旦朝5時から、
お加持作法のライブ配信をします。
どうぞ、ご参座ください。素敵な年にしましょう。

2021新年祈祷・年間祈祷のご案内

精進おせち料理のレシピ ご案内

お正月・自宅で初詣ガイド

タイトルとURLをコピーしました