昔のブログ

五つの知的方法

仏教と密教

仏智を得る働きとして、五つの知的方法があります。

1、梵字真言の意味を知り、その音声を聞き、
  それぞれの音の区別を正しく判断し、妄聴しない。
  鏡のように誤りなくそのままを正確に映し出す智慧であり、
  自心の源底をよくよく観察する瞑想で得られます。

2、心と身体のことについて、一つも執着せず、かつ忘れない。
  これは、すべてを差別なく平等に観る智慧で、
  その象徴である
  満月のように光り輝き円満な心を瞑想します。

3、あらゆる存在は始まりと終わりがある、
  あらゆる存在の本体は、
  自性がないから始まりも終わりも無い。
  という二つを知る。
  おおざっぱではなく、注意深く観察し分析する智慧になり、
  悟りを求める心が固く不動であるという瞑想で得られます。

4、五感と意識にはっきりと認識できるものだけを取り入れ、
  他の想像は取り入れない。
  行動する智慧であり、
  自分の本性は仏と同じである、
  という瞑想で得られます。

5、自心に仏性があり、それは何かに染まる前の清浄なものと信じる。
  これは、いのちに元々具わっているありのままの智慧であり、
  仏や宇宙があるように自身もある、という瞑想によって得られます。

ファンレターとOFUSE箱

タイトルとURLをコピーしました