昔のブログ

凡夫と仏の間隔

仏教と密教

全ての存在、
一切の物には価値がある、
というのが大乗仏教の立場です。
諸法実相(全ては真実)とか、
悉有仏性(みな仏の性質がある)
と云います。

そのなかで、
密教の即身成仏(生きている間にブッダになる、悟る)は、
縁と条件によるものではなく、本来仏、
元々決まっている、という立場です。
この辺、空の理論と矛盾するような気もするけれど。

いずれにしても、
智慧と信がある場合に限り、
現象はただちに真理そのものになり、
凡夫は仏になります。
この場合の信は、
悟りと、それを得るための方法を信じること。

『十住心論』序に

「もしよく明かに密号名字を察し、深く荘厳秘蔵を開くときは、
 すなわち地獄と天堂、仏性と闡提、煩悩と菩提、生死と涅槃、
 邊邪と中正、 空と有、偏と円、二乗と一乗、
 みなこれ自心仏の名字なり。
 いづれをか捨ていづれをか取らん」
とあります。

地獄と極楽、仏と凡人、迷いと悟り、かたよった考えと正しい考え、
凡人はどちらかをとろうとするけれど、
仏はそれをこえており、
取るもの、捨てるものという区別がない。

聖者・仏・宇宙・法界は法然あるがまま
誰にでも平等にその力を与えます。
しかし、
こちら側の姿勢には、純不純がある、
そこが問題。

タイトルとURLをコピーしました