昔のブログ

浄土あれこれ

仏教と密教

万物の本体は、
地・水・火・風・空・識の六つ。
それらが相互に関係して、
万物の姿を作ります。
それを曼荼羅と云います。

そこは万徳が円満して、菩提の境地。
完成している、すべてを含んでいる、そういうところで、
つまりは現実、目の前にある世界のこと。
完成しているから現実に存在している、
と考えます。
密厳浄土とも云う、
事実が真実であるという立場の浄土。

そこには、すべてがあります。
好きなもの、嫌いなもの、どちらでもないもの、
悟り迷い優しさ怒り貪り思いやり、
健康、病気、戦争、平和、
自由、不自由。

達人はこの世界で、
石ころ中に宝石を見つけ、
雑草中に薬を得、
差別執着のない浄土に住します。

凡人も、
工夫と精進と努力によって、
風船がパーンと割れるような、
世界が浄土に変わる印象を経験できます。

以上は人の心の話。
そうではない浄土も想定できます。

完全にコントロールされ、
犯罪も戦争も病気もなく、
平和で静かな毎日。
睡眠時間や食事内容は適切に決められているから、
肥満も慢性病も無い。
社会の規律は厳格で、
ばい菌やウイルス、大気汚染も無く、
花が咲き、空は青く、美しい。
質素で規則的、完全に平等で、
迷い煩悩は、その言葉もイメージさえも無い。

働きすぎも、イジメも、ハラスメントも無く、
充分な余暇に、
人は科学と芸術に触れる。

多様な価値観、自由な思想、人間的な愛情、
そういうものは無い。

この世は、地獄と思えば地獄、
極楽と思えば極楽、
という人は多い。
おそらく、
施し、戒め、耐え忍ぶこと、
があれば、地獄から極楽浄土へ変わるかな。

令和3年 新年祈祷(1月18日)・年間祈祷

タイトルとURLをコピーしました