昔のブログ

我れ覚る

仏教と密教

心はモノで表現されます。
心とは、
「私はそれを知る」
ということ。
仏教では、
自心を知ることを「覚る」
と云います。

『大日経』具縁品には、
「我、本不生を覚り、
 語言の道を出過し、
 諸過解脱することを得、
 因縁を遠離せり、
 空は虚空に等しと知る」
とあります。
存在や心の本体が、
不生であること(時間の無い在りかた)
だから、
言語による分別を超えていること
けがれが無いこと、
原因と条件にとらわれないこと、
虚空のようにさまたげなく自由であること

を「私は覚った」

『即身成仏義』には、
「我覚とは、識大(一切智々:心)なり。
 迷いの側からみて識でと云い、
 覚りの側から見れば智と云う」

とあります。

密教では、
モノは単なる物質ではなく、
如来の三昧耶身(いのちのあらわれ)、
つまり、
宇宙法界にひろがり存在するいのちを示したもの
と考えています。

タイトルとURLをコピーしました