昔のブログ

ある思いに対処するひとつの方法

仏教と密教

腕に止まった蚊を、
払うのと、叩いて死なせるのとでは、
業が違ってくる、
という使いかたをします。

業は、サンスクリット語のカルマ(karman)で、
本来は、単純に行為・actionのこと。
自分のおこないにはむくいが伴う、
とされます。

自分が何かを思えば、
必ず自分の中に報い・結果が訪れる。

自分の行いの結果が、
ある思いになって現れた、
と考えます。

その時、
特定の不安、苦痛、悲しみを怖れているなら、
それに対して自分で何かできることが、あるかどうか、
よく考えます。
できることがあるなら、怖れる必要は無く、
できないなら、心配しても無意味です。

修行しないのなら悟れない、
その時は、修行するか諦める。
勉強しないからわからない、
その時は、勉強するか、
それまでの人間と判断する。
酒でダメになるなら、
やめるか、それまでの人間か。
よくよく考えてみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました