昔のブログ

人差し指と小指の秘密

陰陽望診法

包丁を持つとき
主に人差し指で持っているか
(人差し指に力が入っているか)
小指で持って、人差し指は添える程度か。

車のハンドル、野球のバット、木刀なども同じ、
人差し指か、小指か。

最も重要なのは、
カバンやバッグを持つとき、
人差し指(と中指)を使って持つか、
小指(と薬指)で持っているか。

このふたつは、
全く違います。
人生にとって一大事。

陰陽望診法では、
人差し指は大腸の様子と、
理解力/不安を観ます。
内胚葉からの陽性な力が分かる。

小指は心臓小腸系、
子どもの様子、
落ち着きと興奮を観ます。
外胚葉からの陰性な力がある。

どちらの指を使うかで、
手首、臂、肩、背中、足の使いかたも変わります。
刺激される感情が変わるから、
心も変わる。

判断力があるかどうか
ケガしやすいかどうか
肩こりがあるかどうか
スマートに動けるかどうか
なども関係あると考えています。
身体も観察するとおもしろい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました