昔のブログ

差別に反対する理由

仏教と密教

全ての存在に仏性がある、
如来蔵である、というのは、
全ての人は、
人格の完成と、
しあわせになる可能性をもっている、
ということ。
いくつか引きます。

「六道四生の一切有情はみな如来蔵を具す」
(慈無量観)

「一切有情は如来蔵なり」
(理趣経第十二段)  

「一切衆生の身中にみな仏性あり、如来蔵を具せり。
 一切衆生は無上菩提の法器にあらざることなし」
(『十住心論』第八)

「それ有形有識(非情と有情、すべての存在)は必ず仏性を具す
 仏性(衆生の中にあるもの)、法性(非衆生のなかにあるもの)
 は法界に遍じて不二なり」
 (性霊集第九)

「卒塔婆は鑁の一字の所成なり。
 またあびらうんけんの五字の所成なり。
 一一を取るに任せて、
 自性清浄心とも、真如とも、仏性とも、如来蔵とも、法性とも観ずべし」
(秘蔵記29)

仏性(真理・大日如来)は、
迷者の前には現れないから如来蔵というのだけれど、
とにかくみんな蔵している、具している。

世界のすべてが真理(大日如来)の三昧耶身(顕現)であり、
全ては悟りの姿(曼荼羅)であり、
何でもカンでも全部、法身です。

なので、
私は、いかなる差別にも反対します。

タイトルとURLをコピーしました