昔のブログ

束縛から解放される

仏教と密教

好きな人も嫌いな人もどちらでもない人も、
自分も自分の身体も、
すべては常に変化してじっとしていない。
時間の「今」が
今と思った瞬間に過ぎ去って
ここからここまでが「今」であると決められないように。

あっ、
と思ったり感じたりした瞬間に、
次のシーンに移っています。

その状況では、
世界のすべてには始まりと終わりが無く、
始まりと終わりが無ければ、
原因と結果というつながりも無い。
原因と結果という関係が無ければ
迷いと悟りは別でなくなります。
ならば
本尊と自身の間に隔ても無い。

そう考えると、
心は自在になり、
魔を破り、強くなります。
目的に向かって、
ただゆっくり歩くだけでいい。

タイトルとURLをコピーしました