昔のブログ

拝む場所・すべてはリモート

仏教と密教

拝む対象である仏、本尊とは何か。

「自心はすなわち実相なり。
 実相はすなわち本尊なり。
 本尊はすなわち自心なり」(秘蔵記75)

「我が本来自性清浄の心は、
 世間出世間において
 最勝最尊なり。
 故に本尊と言う」(同41)

「この人(観自在菩薩)と
 法(種子)と
 蓮(三昧耶形)は
 いずれの処にかある。
 本来一切衆生の心にあり。
 この心と仏と衆生の三種は一体の異名なり」(法華経開題)

悟りの心=大日如来=秘密荘厳心ですが、
「秘密荘厳心とは、
 すなわちこれ究竟じて自心の源底を覚知し、
 実のごとく自身の数量を証悟す」(十住心論」

つまり、
自心とは仏さま(本尊)の別名、
といって良いでしょう。

本堂などで拝む場合、
本尊の前2~3メートルくらいに坐ります。
自宅の仏壇やお墓ならもっと近いかな。
もう少し離れたところ、
例えば、
本堂の外から
仏間の隣の部屋から
拝むこともできます。
さらに本尊から、
10メートル、100メートル、1キロ、10キロ離れても拝めます。

仏(本尊)は、
自心を中心として
車輪のようにどこまでも拡がっています。

そして、
本堂仏壇などにある、
イメージとして作られた本尊から1センチでも離れれば、
もうそこはリモート。

どれくらい離れようが、
自心仏が見えているかどうかの問題です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました