昔のブログ

密教瞑想法私記1・呼吸法

仏教と密教

空腹時、沐浴後、
ゆったりと坐ります。
舌先を上あごに軽くつけ、
唇と歯は、上下合わせる。
これによって睡魔と錯覚を避けます。

手は、
法界定印、または弥陀定印。
手のひらを上に向けることで、
筋肉の無用な緊張がとれます。

呼吸の基本は、
身体全体、毛穴から呼吸するイメージ。
『無畏三蔵禅要』に
「調気とは先ず出入の息を想へ。
 自身の中の一一の支節筋脈よりまた皆流注す、
 然して後に口より徐々にして出づ。
 また想へ
 此の気は色白きこと雪のごとし、
 潤澤なること乳のごとしと。
 仍ほ須らく其の至る所の遠近を知って、
 還って復徐々にして鼻より入りて、
 かえって身中に遍せしめよ。
 乃至筋脈に悉く周遍せしめよ、
 是の如く出入すること各三たびに至らしめよ」
とある。

つまり、
鼻から全身へ、
身中から鼻を通って法界へ

タイトルとURLをコピーしました