昔のブログ

密教瞑想法私記2・入我我入観

仏教と密教

入我我入観は、
有相の凡聖不二観、三平等観。
『秘蔵記』22に、
「先ず本尊を観じて壇上に安置せよ
 次に吾が身は即ち印
 語は即ち真言
 心は即ち本尊なりと観ずべし
 是の三密平等平等にして法界に遍ぜり
 是を自の三平等と名づく
 吾が三平等と本尊の三平等と同一縁相なり
 是を他三平等と名づく
 ただ本尊と吾が三平等と同一縁相なるのみに非ず
 已成未成の一切諸仏の三平等も亦同一縁相なり
 これを共三平等と名づく
 同一縁相の故に
 真言印契等しきが故に、
 諸仏を吾が身中に引入す
 是れを入我という
 吾が身を諸仏の中に引入す
 是れを我入という。
 入我々入の故に、
 諸仏の三無数劫の中に修集するところの功徳
 吾が身に具足しぬ 云々」
とあります。

本尊は自心、壇上は心内。

また、
『秘蔵記』19には、
「先づ五大を身中に観ずること五字厳身のごとし
 いわゆるわれは遍法界の身なり、
 諸仏も遍法界の身なり
 ~中略~
 本尊の三密の鏡の明かなること
 大円鏡智の一切の色相を照らすがごとし。
 本尊と我と無二無別なり
 わが三密の鏡の明かなること本尊の三密の鏡のごとし。
 已成未成の諸仏とわれと無二無別なり
 已成未成の諸仏の三密の鏡の明かなること
 わが三密の鏡のごとし
 諸仏は万徳円満にして眷属囲饒せり。
 われもまた万徳円満して眷属囲饒せり
 諸仏は遍法界の身なれば、
 わが身諸仏の身中に在り
 わが身遍法界の身なれば、
 諸仏の身わが身中に在り、
 たとえば因陀羅網のごとし」

『蓮華部心念誦儀軌』には、
「観想せよ
 本尊我が身に入りたまふ
 我れ亦本尊の御身中に入る
 譬えば多くの明鏡相対して
 互いに影現渉入するがごとし

このあたりの風景、印象は、
五大六大が溶け合っており、
煙が大空に混ざり、
塩人形が海に溶け、
ミルクとコーヒーが混ざり合う。
そういう感じ。

光(智慧)のない闇(無知)の状態だった心に、
ブッダの光が当たり、
闇が光になります。

タイトルとURLをコピーしました