昔のブログ

密教瞑想法私記6・広観

仏教と密教

田中千秋先生は
「一切の時に阿字をあげることが広観である。
 日常生活と観行は、はなればなれであってはならない。
 広観は、日常の観行化であり、観行の日常化である」
と『菩提心論講話』に書かれています。

道場や仏前で拝むのは練習です。
日常生活で即身成仏を目指すのが本番。
そのために、
寝室、勉強部屋、食堂、庭、食事、トイレ、ふろ、
嬉しいとき、悲しいとき、
誰かと会うとき

無差別無執着凡聖不二を忘れず、
常に即身成仏を意識する。

いつでもどこでもできるのが
真言念誦。

自然社会宇宙法界から出る音声は口密
それが、拝む人の中に入るのが身密
自分の心月輪に至るのが意密

私の口から出る真言は口密
自然社会宇宙法界、
つまり仏に入るのは身密
仏の心月輪に至るのが意密

拝んでいれば、
自心は曼荼羅(悟りの姿)で荘厳され、
身口意の三密行をすれば、
生きる意味、
存在とは何か、
など、心の理解に至ります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました