昔のブログ

転識得智

仏教と密教

仏教のトレーニングは、
無知(迷い、不安、危険)を
智慧(悟り、安心、安全)に変えます。

例えば、
五感(眼・耳・鼻・舌・身)による感覚は、
迷い煩悩の原因になります。
迷い煩悩とは、
事実とそうでないものの区別がつかないこと、
無いものを有ると思うこと、
執着(こだわり)と差別(へだて)の中にいること。

でも、
五感をコントロールして、
自他を幸せにする行動に転換することができます。

好き嫌いどちらでもない、などの意識も、
知性より感覚を優先させて迷い煩悩の原因になります。
でも、
感覚で受け止めた情報を分析し、
個性違いを見極め、
それを生かす智慧に転換します。

自我は執着の元であり
執着こそが迷い煩悩、
そして差別と妄想の原因です。
でも、
すべては平等であると観れば、
みな仏であることを知る智慧に転換します。

普段意識されない潜在意識は、
今までの行いと言葉と思いの蓄積により、
迷い煩悩の原因になります。
でも、
よく気をつけてみれば、
鏡が何でもをありのままに分け隔てなく映し出すように、
すべてをあるがままに受け入れる智慧に転換します。

行動、学習、創造、生活は、
迷いの原因になりますが、
心の位置を変えれば、
自他を救う智慧になります。
それは、
いのちそのものが智慧になる
ということ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました