昔のブログ

桜の花、ウグイスの声

仏教と密教

目が桜の花を見て、
耳がウグイスの声を聴いています。

聞くのも見るのも、
聞いた声がウグイスであると判断することも、
見たものが桜と判断することも
心を染め汚すものです。

『声字義』には、
 愚者はこれ(見たり聞いたり判断したりすること)に執着して
 貪り瞋り愚痴などの迷いを起こす。
 智者はそれらの因縁の実相を観じて、
 取らず捨てず、
 あらゆる分別はからいを離れて、
 よくいろいろの法界の曼荼羅を建立し、
 自ら仏としての広大の事業をなし、
 諸仏を供養し、衆生を利益する」
とあります。

神経の末端にある目や耳から
大脳の菩提心さとりのこころに届くとき、
それに執着せず、それに染まらず、
ただありのままに味わいます。


タイトルとURLをコピーしました