昔のブログ

春紅葉を見る

仏教と密教

真雅僧正の言葉、
阿字本不生のこと。
それは、
生命の本源とか真実の自己。

生じるものは滅する
生じないものは滅しない、
ということ。

あらゆるものは変化して、
永久不変固定の実体はありません。
すべては、
生じては滅しています。
では、
どこから生じて、
どこへ滅するのか、
始まりの無い昔から
終わりのない未来に通じて、
変化しながらずっと生成発展しています。
何もかもが。
そういう立場でみれば
全部が本来不生不滅。

ウサギの角や亀の毛は、
実体が無いから、
生じないし、滅しない。
萬有の本体もそうである、
というのが阿字本不生。

変化しないことに執着せず、
変化していることに成りきる、
という感じかな。
生きている間は、
生き抜く、ということかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました