昔のブログ

仏性はどこにあるのか

仏教と密教

私とか僕というものは、
実体がありません。
探してもどこにもない。
脳(心)が作った仮のもの、イメージです。

私は無い、のだから、
死んだらどうなるか、
ということもありません。
そもそも無いものが死ぬ、
ということはない。

肉体はありますが、生滅します。
生まれて、いつか滅する。
現代日本では火葬して遺骨になります。

では、
すべての人にある仏性、
仏の本性・本質、私に内在する成仏の可能性は、
どこにあるのだろうか。

私が無いのだから、
仏性の居場所も無いかもしれない。
私(心、脳)が作ったもの、イメージであり、
あったらいいなあ、
というものかな。

現象の中には本体がある、
という考えかたがあります。

生きている肉体(いのち)の中に仏性がある、
というのも、そういうことだろうか。

仏性があれば、
誰でも悟れますが、
無ければ、一部の人しか悟れない可能性があります。
だから、
仏性が必要になったのだろうか。

加藤精神博士の『佛教哲理の發達』には、

「真如法界の理は水の如き
 森羅万象は波の如き
 波には消滅がある。
 水には消滅がない。
 波が高くなっても低くなっても水は変わらない。
 無明の風がやんで迷妄の波が滅すれば、
 心真如の水は湛然として常住である」
とあります。
この真如が仏性。

しかしながら
常住なものがある、というのは
諸行無常、一切皆空の原則に違反しないのだろうか。

タイトルとURLをコピーしました