昔のブログ

真実が展開する観想

仏教と密教

『即身成仏義』には、
万物の本体である六大(地水火風空識)が、
一切の仏と一切の衆生と一切の国土環境を創造する、
とあります。
それはどういうことか。
『大日経』巻三 悉地出現品第六の偈が引用されています。
これはもともと、仏が現れる姿を説いたものですが、
お大師さんは、
六大がすべてを生み出すことを説いた、
としています。

「真言者円壇を、まず自体に置け、
 足より臍にいたるまで、大金剛輪を成し、
 これよりむねに至るまで
 まさに水輪を思惟すべし、
 水輪の上に火輪あり、
 火輪の上に風輪あり」

真言者は識大(無垢ないのち)、
円壇は空大(染まらないとらわれない空間)
を表現しています。

自分の身体が、
妨げるものがなく全てを包み込む虚空(宇宙空間)にある、
五大を表す五字そのものである、
と、イメージします。

そして、
足から臍までが、
本来不生(もともと存在していた)の大地、
そこからむねに至るまでが
言葉による分別を超えた、
つまり、分割することができないという水輪であり、
水輪の上に、
汚れを焼き尽くすエネルギーである火輪があり、
火輪の上に、
原因と条件の束縛を吹き払う風輪がある、と。

コメント

タイトルとURLをコピーしました