昔のブログ

戒律散歩 三丁目

仏教と密教

真言密教の戒の本体、
修行の原動力となるものが三昧耶戒さんまやかい

『三昧耶戒序』には、
「今、授けるところの三昧耶仏戒とは、
 ありのままの真実体である大日如来によって説かれた、
 真言密教の戒である。
 もし善男子・善女人、
 比丘・比丘尼など、
 清らかな信仰ある男女で、
 真言の教えに入門して修行しようと欲するならば、
 先ず四種の心を起こさなければならない。
 一つには信心。二つには大悲心。三つには勝義心。四つには大菩提心」
と説かれています。

1,信心。
混じりけの無い澄んだ心。
  何を信じるかといえば、
  修行の目的(成仏、人格の完成、悟り)と
  修行方法。
  『御遺誡』に、
  「我心、仏心、衆生心の三差別なし。
   この心に住すればすなわちこれ仏道を修す」
  とあります。

2,大悲心。なさけ、慈悲。
3,勝義心。みちをもとめる向上心。
4,大菩提心。三摩地心、精神統一の瞑想。
  日輪月輪の光明を観じ、
  真言と印と観想によって、
  智慧の働きが十分に体験できれば、
  光明に満たされ、迷いの闇は無くなり、
  毒薬も薬となる。

そして、
「諸仏如来、この大悲勝義三摩地をもって戒となし
 時としてしばらくも忘るることなし」
と書かれています。

大悲心は、
一切衆生を自分自身、もしくは大切な人と思うこと。
そうすれば、
他の命を害し、財を奪い、妄語し綺語し、悪口両舌することはない。
つまり、
一切の悪が消え、心は清涼になるから、
大悲心は戒。

勝義心は最高の智慧、秘密荘厳心。
自心の源底を覚知し、
ありのままに自身の数量を証悟する。
そこに住すると、
内外一切の悪を調伏し、
善を増長し、心が清涼になるから、
勝義心は戒。

大菩提心は最勝の智慧を直観し、
智慧のものになること。
仕切り差別のない、大きな一心(宇宙心、全体心)を体験する。
全てに自性が無いことを観じるから、
一切の悪を離れ、一切の善を修す。
だから、大菩提心は戒。

タイトルとURLをコピーしました