昔のブログ

如意宝珠

仏教と密教

落語「擬宝珠」によると、
金属舐めが趣味の人は少なくないらしい。
若旦那は、
夢にまで見た浅草寺の如意宝珠を舐めます。

写真の宝珠は御影石。

如意宝珠はサンスクリット語のcintā・maṇiの訳。
宝珠のmaṇi(マニ)は、
多くの仏典、真言に登場します。

『御遺告』二十四に
如意宝珠について細かく説かれています。
「宝珠は自然道理の如来の分身であるというのが、真実の如意宝珠である」
そして、
「あらゆるものの主体となる性質を持つ」
とあります。

宇宙は仏の本体、エネルギーが充満しています。
その中で、
常に何かが生まれては消えます。個々の現象として。

如意宝珠は、
全てを生み出す大宇宙を象徴したもので、
宝珠の球底が実在(真実・仏)
その尖端は個々の違いがある現象。

尖端が「私」
球底が宇宙・仏・悟り
という感じ。

宇宙大の如意宝珠をイメージして、
その尖端が私の身体。
私の心は、
如意宝珠球底につながる大宇宙。
大宇宙は、
他の尖端を生じ、
自分以外のすべてにつながっています。

宝珠は虚空の象徴でもあります。
虚空は染まらずこだわらず、すべてを包み込んでいます。
それは、本来の心のこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました