昔のブログ

三密加持すればすれば速疾に顕る

仏教と密教

密教の目的は即身成仏、
この身のままで速やかに悟ること。
(Becoming A Buddha in this very life)

そのための方法が三密行。
(The practice of three mysteries)

身密、口密、意密のみっつ。
(The secret of the Body,Speech,Mind)

『即身成仏義』三密加持速疾顕の説明には、

「仏と凡夫とのみっつの神秘の働きが
 たがいに力添えするがゆえに速やかに悟りを成就する」

「三密加持すれば速疾に顕る」とは、
 謂く、
 三密とは、一には身密おこない、二には語密はなすこと、三には心密おもうことなり。
 法仏の三密は、甚深微細にして、
 等覚・十地も見聞すること能わず、故に密と号う」

以下、栂尾先生の訳で。
「法身の仏は一切を示現し、
 一切を包むがゆえに
 一にして同時に多である。
 その多なるひとつひとつの仏が、
 数限りない多くの三密のはたらきを具して互いに力添えし、
 彼はこれをおさめ、これはかれを持して無碍である。
 一切の衆生も、その法身と本質を等しくするがゆえに
 知ると知らないとにかかわらず、
 その行うこと、話すこと、思うことの三作用に具して、
 わたりあい、ゆききして溶け合う。
 故に三密加持と名づける」

「このわけを観察して
 手に印契を結び、口に真言を誦じ、心を三摩地心の可視化に住せしむれば、
 法身の三密と衆生の三密がたがいに、こたえあい力添えするがゆえに、
 すみやかに即身成仏のかないごとをみにつけることができる」

この後、
一般公開しない不読段があり、
最後に、
「もし人ありて法則を欠かずして昼夜に精進すれば、
 現身に五神通を獲得す。
 漸次に修練すれば、この身を捨てずして
 進んで仏位に入る」
「この義に依るが故に、
「三密加持すれば速疾に顕わる」と曰う」

「加持とは、如来の大悲と衆生の信心とを表わす。
 仏日の影、衆生の心水に現ずるを加と曰い、
 行者の心水、よく仏日を感ずるを持と名づく。
 行者、もし能くこの理趣ことわけを観念すれば、
 三密相応するが故に、
 現身に速疾に本有の三身を顕現し証得す」

つまり、
漸次に修練すると、
この肉身を捨てずに仏位に入る。
その身、その時、その日に。

普段の生活では、
丁寧な行動、優しい言葉、自心の観察
によって成仏する、ということ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました