昔のブログ

陰陽望診法で考える現代

陰陽望診法

環境面では、乾燥、温暖化。
電磁波の拡大。
行動が速くなっている。
食事面では、
肉食(Naが多いもの)が増えている。
これらは陽性になっている、ということです。

唐揚げが人気ですが、
豚肉、牛肉、鶏肉の陰陽を観ると、
鶏は一番体温が高い、
よく動き回る、
牛や豚より小さい、
などから、鶏が最も陽性と考えられます。

その陽性な鶏肉を、
唐揚げという陽性な調理法で食べれば、
体質はより陽性になります。

環境や食べ物が陽性になれば、
バランスをとるために、心身はより陰性なものを要求するはずです。

世間でよくみられるのは、
強い炭酸、辛味(五味のなかでもっとも陰性)、
南国のフルーツ、砂糖、度数の高いアルコール飲料など。
体調面では、
陽性症状(陽性の排毒)

食養的に考えれば、
カリウムの多い野菜、果物、きのこ、海藻をたくさん食べて、
ナトリウムの多い陽性とバランスを取るのが効果的です。
また、
発汗によって陽性は排毒されます。

パンとご飯を比べると、
ご飯は粒でパンは粉、
粉のほうが小さいので陽性です。
お米は同量以上の水分と一緒に炊きますが、
パンはその製造過程でも、
トーストにするなどの調理法でも、
「炊く」より陽性になります。
水分が少ないからです。

陽性になると血が濃くなります。
血が濃いと、
食養で考えれば元気になりますが、
血行は悪くなるでしょう。

どこの血行が滞るか、
望診法ではそれを観ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました