昔のブログ

密教の体質 Esoteric Buddhism 3

仏教と密教

心は、
部分(私)から全体(仏・宇宙)へ広がります。
私の性質は、全体の中で完成され、
全体から見れば、私は(孤立的に)存在しません。
宇宙の中にあって、一体。
宇宙が私の身体とすれば、
私はどれかの細胞のひとつ

私(自心)は仏・宇宙のひとつのパターンです。

心が個別から全体に広がる時、
その過程が、心全体の構造になります。
例えば、
生存欲だけの心から、
道徳心や信仰が生まれ、
みんなが幸せになるようにと思い広がるその過程。

宇宙のすべてと私は
何らかのつながりがあります。
別々ではない。
ですから、
私(自心)を理解することは、
全体である仏・宇宙を理解することです。

世界の存在は
みな違う姿、働きがありますが、
どこかでつながっているのですから、どこかで似ています。

生きているとか、
呼吸をするとか、
存在しているとか
元素で構成されているとか。

大日如来と人間はそっくりです。
密教瞑想では、
私が大日如来(仏・宇宙)と似ているならば、
ちょっとした見かたで同一と考えてよろしい。

行い、言葉、想い
によって、
私が再構築されて大日如来(のよう)になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました