昔のブログ

自分を供える

仏教と密教

お土産やプレゼントを、
自分が開ける前に仏壇や神棚にお供えする。

お先にどうぞ、という心配り。

『三昧耶戒序』に
「善人の用心は他を先とし己を後とす」
とあります。
なぜなら、
「(菩薩がおこす大悲心は)
 法界無縁の一切衆生を観ずることなおし己身のごとし」
そして、
「三世を達観するに、
 みなこれ我が四恩(父母、衆生、国王、三宝の恩)なり」

何を、誰を見ても、自分自身と観じ、
よくよく観れば、すべては恩人。
だから、お先にどうぞ。

拝んでいると、
自分をお供えする気持ちになります。
合掌して(身・おこない)
真言を唱えて(口・ことば)
心寂静になる(意・おもい)
を供える、奉献する、という感じ。

また、
貪らずに仲良く分ける
戒めをたもつ
いらいらせずニコニコする
怠けず励む
心を静かにまとめ、落ち着かせる
細部まで正しく物事を見る、
鏡が色形動きを事実そのまま、ありのままを映すように。

そういう心を供えます。

そして、
本尊の光を仰いで包まれる。
仏の光と他の光が溶け合って、
区別がなく全部が光になるように。
本尊と一体になり、
無限の世界にいることを体験します。

#密教
#真言
#瞑想

コメント

タイトルとURLをコピーしました