昔のブログ

イメージしてみる1 candra

仏教と密教

菩提さとりの心を形で観ずるときは月輪」(『菩提心論』)

「我、自心を見るに形月輪の如し」
「自心をよくよく観察する精神統一によって、
 自分の心臓の上に月輪の姿がみえてくる」
(『金剛頂経』)

覚鑁さんの『一期大要秘密集』には、
月輪の十徳として、
円満 潔白 清浄 清涼 明照 独尊 中道 速疾 巡転 普賢
があげられており、
月がそのような如く、自心もそのようである、
と書かれています。

新月から満月になるまでに時間がかかりますが、
必ず満月になります。
心も同じようであることが、『菩提心論』にあります。

「すべての有情の心中に一分の清い性質がある。
 この一分が次第に発展すれば、
 十六の円満の体となるがゆえに
 その初めの一分の中に、
 すでに自証さとり化他すくい衆行もろもろのみちがことごとく備わっている」

イメージしてみましょう。
自分の中にきれいな満月がある、
あるいは、
自分は大きな満月の中に坐っている、と

コメント

タイトルとURLをコピーしました