昔のブログ

お祈りが必要な理由

仏教と密教

『菩提心論』に書かれています。
無上の正しき完全な覚りである、
阿耨多羅三藐三菩提あのくたらさんみゃくさんぼだいを求める人に必要なのが、
勝義しょうぎ行願ぎょうがん三摩地さんまじ

勝義は最高の智慧、
存在とはなにか、
一切のものに自性なく、
一切は自心に含まれ、
その自心は本来清浄で、
ものすごく大きいことを悟ること。

行願は慈悲、生きるということ、
すべての世の人を救う、
という誓いを実行する心。

三摩地は、
精神集中が深まりきった状態、
完全に自由な心、
仏と同一相応融合した心。
栂尾先生は「こころまとめ」と訳しています。
つまり、お祈り。

お祈りによって、
ものの見かた受け取りかたが変わります。
本来清浄という心の状態で、
毎日の事態に対応できるようになります。

『十住心論』第一に、
「地獄極楽も、仏も鬼も、迷い悟りも、
 輪廻解脱も、偏り正しさも、
 実体を得るも得ないも、
 歪んだものも完全なものも、
 浅い教えも深い教えも
 全ては自分の心の言い換えに過ぎない。
 いずれを捨てて、
 いずれを取るというのではない」
とあります。

そういう心になるために、
勝義行願を身につけるために、
お祈りします。

ポピュラーなお祈り方法が念誦。
姿勢と呼吸を調え、
智慧と慈悲が説かれた真言の意味を噛み締めながら
お大師さんの言葉を思い起こしながら
唱えます。

私の口→仏(宇宙・現実世界)の耳・毛穴→仏の心→
仏の口→私の耳・毛穴→私の心→
私の口→仏の耳・毛穴→・・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました