昔のブログ

努力と天才

仏教と密教

誰もがみな、人として天才であり、
かつ努力が必要、と考えています。

そして、
努力あっての天才です。
そうでなければ、最低限の勉強や規範がなおざりにされるかもしれない。

『菩提心論』と『釈摩訶衍論』はお大師さんが重要視した論です。
ふたつとも如来蔵思想が中心。真言宗常用の『理趣経』にも

「一切有情如来蔵」とある。

『菩提心論』には、

どうすれば無上の悟りを身につけられるのか
ありのままの計らいなき心を以て 
完全なる仏の大菩提心に安住するべき
その大菩提心は、一切衆生が本より具有するものにして、
それがすなわち本有の金剛金剛薩埵である。

『釈論』では、

眼識耳識鼻識舌識身識意識の上に
現実世界の事実(全ての物は生じては滅する)のよりどころで、
差別区別のある現象を知る、生まれてから得た多一心識と、
真実世界のよりどころで、
平等無差別すべては一如であるという、元からある根本的な一一心識
をあげています。

これが如来蔵ということでしょう。

如来蔵思想では、衆生は如来の胎児ということで、
ぼくらは如来に蔵せられているます。
また、
僕らは如来を蔵しているともいえます。

この如来蔵は清らかとか汚れとかを超えて、
迷い愚かさ煩悩などを身につけたままの仏です。

僕らの心の中には天才的な素質があって、
それは他の愚かさによって汚されたり、滅せられたりしない。

でも、

これが常に堂々と正しく発動されるためには、
まとわりついたものによって暗くならないように、
危険な道へ行かないように、
努力が必要。

智慧のレベルで見れば、
個々の現象を分析して認識する努力が、
存在全体を直観的に把握する天才の芽を育てます。

ofuse(支援金)箱

 

タイトルとURLをコピーしました