昔のブログ

怠らず制御する

仏教と密教

もっとも根源的な煩悩は、怠惰、放逸。
怠らず、心をコントロールすれば、悟り。

その心とはどういうものか。
『宝積経』には、
「心は幻の像のようなもの。
 虚妄な分別によって、
 様々なありかたをとって現れる。
 心は風に似ている。
 遠く行き、とらえられず、姿を見せない。
 心は川の流れに似ている。
 停止することなく、
 生じるやいなや、すぐ消滅する。
 心は灯火の炎に似ている。
 因があり縁がそろうと、
 燃え上がってものを照らす。
 心は稲妻に似ている。
 瞬間に消滅して、片時もとどまらない。
 心は虚空に似ている。
 偶然的な煙などの汚れによって汚される。
 心は猿に似ている。
 いつも物ほしげであり、
 様々な行為・業を形つくるから。
 心は画家に似ている。
 さまざまな行為を現出するから」

そして、金剛頂蓮華部心念誦儀軌に、
「あらゆるものの本性は皆、自心より起こる。
 すべての煩悩も身も世界も、
 それらの現象は皆、
 幻の如く、焔のごとく、音響の如く、
 ともに滅に帰して平等の真理に一致し、
 しかも虚空に充満したまう諸仏は、
 一瞬の祈りによって驚き目覚めたもう」
とあります。

タイトルとURLをコピーしました