昔のブログ

究極の現実

仏教と密教

全てのものは生滅し、変化する。
固定的常住不変なものはない、
という真実があります。

真実は本来姿の無いものであり、
見えないし説明できないけれど、
その本来姿なきものである真実が実相。

ありのまま、
と云ってもいいかな。

仏性も法身も実相。

自心は実相であり本尊。

『声字実相義』には、
「それ如来(大日)の説法は必ず文字による、
 文字の所在は六塵(色・声・香・味・触・法)その体なり。
 六塵の本は法仏の三密これなり」

「いわゆる声字実相とはすなわちこれ法仏平等の三密、衆生本有の曼荼なり」

法身(真実)の動きである、おこない・ことば・おもいを実の如く知ることが悟りですが、

衆生が悟りに到達するためには、教えによらなければならない。

その教えが出現するためには音声文字が無くてはならない。

その音声文字が分明であればあるほど、

法身の動きとしての、

真実のすがたが明らかにあらわれてくる」

「その音声文字によってあらわれる実相とはなにかといえば、

 法身の動きとして、いかなるものにも平等にゆきわたる三密にして、

 衆生が元から具有している曼荼羅さとりのせかい のことである」

衆生と宇宙と、
五感と各人の心を貫く本体が法身。
その働きが実相。

音声や文字の言葉(声字)が真実のあらわれ
ということかな。

こだわりやとらわれ、
自他の仕切りがなければ、
全ては実相。

そうなると、
真実と現象は不二
主観と客観は不二
だから、
自分と仏
迷いと悟りも不二
そういう風に考えます。

タイトルとURLをコピーしました