昔のブログ

コンピューター入門

仏教と密教

コンピューターは、

①入力装置②記憶装置(メモリ)③演算・制御装置(CPU)④出力装置

で構成されています。

心の世界では、

万物の本体を、
地水火風空識の六大

万物の姿を、
四つの曼荼羅

個々の働きを、
身密・口密・意密の三密

と説明しています。

①入力装置は、
マウス、キーボード、スキャナーなど。

これは、
眼耳鼻舌身意の六根、感覚器官です。
この刺激によって、
心(迷いと悟り)が連続して生滅します。

②記憶装置は、
入力されたデータを一時的保管して処理します。

これは脳ですが、仏教の言葉なら識。
眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識が
感じ、思い、計らい、区別します。

補助記憶装置としてSSDやHDDなどがありますが、
これは末那識(自我)と阿頼耶識。
時間的空間的に無限。

普段は認識できない深層心理ですが、
三摩地(深い精神統一)によって、
自分の思い通りにすることもできます

まあ、これは無くてもいいものです。

③演算装置は、
指示通りの演算を行います。
しんのことで、梵語ではcittaとhṛdaya

中では四種類の曼荼羅が展開され、
データを計算・電送します。

  • 大曼荼羅:目で見える姿で表現。
  • 三昧耶さんまや曼荼羅:シンボルを使って信用のしるしを作る。
  • 法曼荼羅:文字によって印を編集する。
  • 羯磨かつま曼荼羅:人間の行為による表現

これらによって、世界が開示されます。

装置の中ではand、or、notが繰り返され、
それは人生と同じです。

制御装置はCPU内部にあり、
同期を保つことを制御します。

これは一切智々(識大)、
絶対の世界をありのままに知る智慧です。

これは五大によって表現されます。

瞑想によって、そこへ達した人を、
覚者・ブッダと云います。

④出力装置は、
ディスプレイやプリンターですが、
三密のこと。
仏の秘密が出力されます。

秘密とは、
仏のおこない、ことば、おもい。

タイトルとURLをコピーしました