昔のブログ

宇宙から本体へ

仏教と密教

僕もあなたも宇宙であり仏である
の続きです。

我即法界
我即大日
というのが密教の立場。

法界:dharmadhātuを
『密教辞典』で引くと、

「意識の対象となる一切の境界
 法は意識の働く対称であり、
 諸法はそれぞれに自性が異なる存在である点で界という」

法界を、
聖なる世界からみれば真実
俗から見れば、全ての存在
と考えています。

観想では、
法は六大
界は蔵(入れもの)

地水火風空識の六大は万物の本体。

地:個体・一切のよりどころ
水:液体・清涼で熱悩を去る
火:力 ・無知の薪を焼く
風:気体・一切の迷いの塵を除去する
空:空間・一切の分別を離れて、染まらず、こだわらない。

それが一切智々(識大)

母親に、
ママ、おかあさん、母ちゃん、
といろいろな呼び名があるように、

真如・実相にも、
悟り、宇宙 法界 大日如来 六大 我 仏 自心(自性清浄心) 虚空
等の呼び名があります。

密教では、
ゴールに立つ人から見れば、
六大も法界も、法身の三昧耶身いのちのあらわれ
と考えます。

本尊も法界も私も衆生も魔界も同一平等一味。

一塵の中にも六大があり、
生きるということは、
それが私の中に入ること。
そして、
私のそれが宇宙に入り、
その逆もある。

思っていることは遍満している、
ということ。

タイトルとURLをコピーしました