昔のブログ

おもてなし

精進料理

太宰の『お伽草紙・浦島さん』に、
竜宮城の様子が描かれています。

ご馳走は用意されている。

歌舞音曲も客をもてなすためではなく、流れている。

乙姫さまは、

誰に聞かせようという心も無く琴をひく。

その音を聴かなくてもよい。

客の讃辞をあてにしない。

客も感服したような顔つきをする必要が無い。

寝ころんで知らん振りしていてもよい。

主人は客のことを忘れているけれど、

客は自由に振舞つてよい、
という許可は与えられている。

食べたければ食べる、

食べたくなければ食べない。

ああ、
客を接待するには、このようでありたい。

ろくでも無い料理をうるさくすすめて、

くだらないお世辞を交換し、

おかしくもないのに笑い、

嘘ばかりの社交を行い、

そんな小利口の大馬鹿野郎どもに、

この竜宮の鷹揚なもてなし振りを見せてやりたい。

と。

以前、

あるかたを講師としてお招きし、

宿を手配し、

夕飯はどうしますか、

と聞いたら、

調べ物や予習復習などもありますので、

ひとりにしてください

それが私にとって最高のもてなしです、

といわれました。

僕も最近、そう思っています。

タイトルとURLをコピーしました