昔のブログ

楽しかった日々

随想その他

長女が小学校六年生の時、

全校児童+先生で100名、

長男の時は80名、

次男の時は60名くらいかな。

それくらい田舎の学校なので、

親の僕も楽しかった、

みんな顔見知りだから。

どこの子か、誰もが知っているから安全な町

挨拶など、近所の人が躾けてくれる。

消防団に入っているお父さんが多いから、

近所でボヤがあると、

よってたかって消してくれる。

人が少ないから、

役割がすぐに回ってきます。

町内会長や役員、回覧板の班長、

子ども育成会会長、役員、

もちろん、小中学校のPTAも。

少なくない親が、

率先してやっていました。

自分の子のためだから。

僕も、いくつか役割があったけれど、

子らと付き合うことが増えて楽しかった。

ああいう仕事は、

大変だと思えば大変だけれど、
そうでもないと思えばそうでもない。

何かあるごとに、

日記のように記録しておけば、

とても楽。

息子らのソフトボールでは、

土日の練習応援、

練習試合の送迎、

に付き合い、

僕も子らと同じように日焼けした。

妻は洗濯も増えただろうけれど、

同じように楽しんでいた。

タイトルとURLをコピーしました