昔のブログ

明るさが働き

仏教と密教

一切の存在を否定してゆくと、
最後に光り輝く根源的なものが現れます。

それが、自性清浄心
迷う前の自心
もともとある仏心、悟境。

それはどのようなものか。

悟り、仏、聖は、
無分別智の世界です。

自分と自分以外、
仏と自分、
聖と凡、
清と濁、
悟と迷、
これらの分別が無い。

それは、
虚空のように、無染無着。

『秘記』に、

姿意味言葉を忘れて、
ただ潔白分明なり

とあります。

悟りの働きである「明るさ」を体験した時、
一切の苦脳が消えます。

タイトルとURLをコピーしました