昔のブログ

仏道を修すこと

仏教と密教

『遺誠』に、

「かくの如くの諸の戒は十善を本となす。
 いわゆる十善とは身三語四意三なり。
 末を摂して本に帰すれば、一心を本となす。

 一心の性は仏と異なることなし。
 我心と衆生心と仏心との三心、差別なし。
 この心に住すれば、すなわちこれ仏道を修す」

とあります。

つまり、
真言の修行をする人、
真言宗の信者とは、
一心に生きる人のこと。

個別心ではない全体心、
虚空のような本来の心、

仏と自分、
自分と自分以外の区別を越えた、
全体を包む心。

全体(思惟できるあらゆるもの、宇宙法界すべて)を包んでいますから、
そこには慈悲と智慧が無限にあります。


イメージしてみましょう。

自分の心は今、胸中にあり、形は満月のよう。
円満で光輝き、欠けることがない。

それが大きくなって
宇宙大になる。

また、イメージします。

真言を唱え、
その意味と音が法界に遍満すると。

真言が宇宙大になる。

無限に大きくなるから、
それだけになります。

そう思うだけです。

その中に、

やさしさと思いやりと、
向上心と、
存在とは何かを知る最勝の智慧と、
寂静でまとまった静けさ、
を見つけます。

タイトルとURLをコピーしました