昔のブログ

まな板の音

仏教と密教

家族や社会生活を捨て、
自力で自分を救済するために、
厳しい修行をしなければブッダになれない。

という考えかたがあります。

ブッダは比較できない自由としあわせの人。

さらに、

修行は過酷で、
ブッダになるまでには、
何度も生まれ変わるくらいの時間がかかる。

それじゃあ、意味がないじゃないか。

修行はさわやかで心弾み、
空を飛ぶように、
海を泳ぐように、
自由に、広く、大きく、
月や星が照らし、
花が微笑み、
鳥が鳴き、
風が吹いて、
我を迎える。

迎える相手はみな仏。

仏(真実)のいのちのあらわれ。

重要なのは、
この身体で、
今生きているうちに
ブッダになる、
ブッダであることを思い出す。

修行の目的はブッダに回帰すること

修行方法は、

身体と言葉と思いを
ブッダのそれと相応させること。

台所では、
トントンという包丁とまな板の音が聞こえます。
修行はこれに似ている。

ただ切るだけ、
ただ拝むだけ。

それは喜びの中で、
さわやかな雰囲気の中で、
安楽と寂静の中で、
ただ、行う。

自分の楽しみのため。

他人を楽しませるため。

タイトルとURLをコピーしました