昔のブログ

清らかさと喜び

仏教と密教

一切衆生は本来仏。
覚っているけれども、それを知らずに欲望にまみれ、迷っている。
けれども、
本来仏であるから清らかで、
みな平等。

この、
本来清らかであることは,
信じるしかないのだけれど、
その清らかさを讃え喜び、自他の心に広げる。

全てが清浄なる喜び、
という瞑想。

秘蔵記21には、

これは意識であり、
違いを見極める智慧であり、
不害を喜とする、

とあります。

そして、

人は心が清らかな時に喜びます。

何か引っかかり、濁りがあると喜べない。

喜びに包まれれば不満が消えます。

好きな人も嫌いな人もどちらでもない人も、
みんな清浄であると喜ぶ、
そういう祈り。

タイトルとURLをコピーしました