昔のブログ

実践的な仏教

仏教と密教

『般若心経秘鍵』の冒頭に、

「無辺の生死しょうじ、何んが能く断つ
 唯だ禅那ぜんな正思惟しょうしゆいのみ有ってす」

とあります。

はてしない迷いの世界を断ち切るのは、
心を静める修行と、正しい考えかたの二つ。

そして、

「仏法遥かに非ず、心中にして、即ち近し
 真如、外に非ず、身を棄てて何にか求めん
 迷悟我れに在れば、発心すれば、即ち到る」

教えは遠くにあるのではない

自分の心の中にあってとても近い

悟りは自分の外にあるのではない

わが身を捨ててどこにそれを求めるのか

迷いも悟りも自分の心のありかたによるのだから

強く思えば、

直ちに悟りの境地に到達できる。

「明暗他に非ざれば、信修すれば、忽ちに証す」

悟りの灯も迷いの闇も

自心の他にあるのではないから、

修行法と目的を信じて修行すれば

忽ちにさとる。

修行と勉強(判断力)によって到達するもので、

魔法やファンタジーとは違うかな。

タイトルとURLをコピーしました