昔のブログ

虎とブッダ

仏教と密教

昔々、

インドに優秀な王様がいました。

王様には3人の王子がいました。

ある日3人は森へ遊びに行きました。

するとそこには、

飢えてやせ衰え、餓死寸前の虎の親子がいました。

親が子を食べてしまうかもしれない。

王子のうち、幼弟は、

この身は変わりゆくものである、

求めても満たされることはない、

と、躊躇することなく虎の前へ飛び下りました。

あとは、白骨が辺りに散らばるのみでした。

お釈迦さまの前世物語『ジャータカ』にある話です。

この話は「捨身飼虎図しゃしんしいこず」として、

法隆寺「玉虫厨子」の側面に描かれています。

自らの肉体を布施する。

布施は貪りを消す方法、

いつか、根本的な愚かさも消します。

タイトルとURLをコピーしました