昔のブログ

月を拝む意味

仏教と密教

悟り(しあわせ)とは自心を知ること。

自心とは満月のように、

円満、潔白、清浄、清涼、明照、独尊、中道、速疾、巡転、普現。

私は、本来そのようなもの。

月は雲に覆われることがあるけれど、

その向こうに月はある。

自心は愚かさの迷いに覆われることがあるけれど、

その向こうに本来清浄な自心がある。

だから、

月輪観で、

雲ではなく月を観る。

汚れ煩悩ではなく、

仏がいることを観る。

毎朝、自心の月宮を観ずる。

こちらから月を見るのではなく、

月に坐る。

「朝朝もっぱら自心の宮を観ぜよ。
 自心はただこれ三身の土なり。
 五智の荘厳本より豊かなり」(『性霊集』)

タイトルとURLをコピーしました