昔のブログ

なめこ汁

精進料理

柳沢博士の『むぎ健康法』「味噌汁と二日酔い」に、

「それに味噌というものは、一般にぬるりとしたものがよく合う。
 ナメコ、シメジ、ネギ、サトイモ、イモガラ、トウフのたぐい。
 また、ヌルリとしないまでも、それに近い味覚のものがよい」

「これらの成分を考えてみると、その大部分はアクがある。
 つまり、主体はマグネシウムである。
 アクのある酸性食品には、総じてうまいものが多い。
 それが日本固有のアルカリ性食品である味噌にはとくに合う」

食品成分データベースで なめこの成分を見ると、

Na:3,K:240
Ca:4,P:68
Mg:19

食養の見かたでは、陰性で酸性。
で、余分な陽性を溶かす。

いずれにしても、

寒い朝にうまい。

タイトルとURLをコピーしました