昔のブログ

回向という拝みかた

仏教と密教

拝みかたには、

・自己批判(懺悔反省)
・自己拡充(自心の観察、凡聖不二観)
・回向

があります。

たとえば、
三昧耶戒真言
oṃ samayas tvaṃ
オーン 汝は三昧耶なり

三昧耶は仏自他の平等、
如来の命のあらわれ、
真如、ということ。

これを唱える時、

この意味を味わいながら唱える、

口から出た真言が本尊に入り、
本尊の口から出た真言が我が心に至る、

真言が発生する自心は真言のとおりであり、
清浄で虚空の如し、

など観想しながら唱えるのが自己拡充。


回向は、

お世話になった人を心に浮かべ、
みんなが悟りを開くように、
しあわせになるように、
動物植物すべての存在が幸せになるように、

と念じながら唱えます。

自分本位ではない祈り。

タイトルとURLをコピーしました