昔のブログ

念誦瞑想は布団の中で

仏教と密教

陰性な季節や、
陰性な体調なら、
陽性な姿勢で拝むといい。

というわけで、

夜でも昼寝でも、

寝つくまで
途中で起きた時
目覚めた時

布団に入ったまま、
上を向いて真言念誦し、観想します。

唱えた真言が口から出て部屋中にゆきわたる、
部屋中が真言・仏さまになる。

部屋と部屋以外の仕切りがなくなり、
全部がひとつになり、
光輝き、その光に包まれている。

ということは、

自分の中に光がある。

タイトルとURLをコピーしました